内臓脂肪が増える原因・そのメカニズムとは?

内臓脂肪が増える原因・そのメカニズムについてですが、特に
日常生活・毎日の食事が深く関係しています。

自分で意識して注意しているつもりでも、無意識のうちに自然に
内臓脂肪が増える原因となるような事をしている場合も多くあります。

●内臓脂肪が増える原因・そのメカニズムについて

内臓脂肪が増えることで、健康に重大な問題を引き起こすリスクが
高まってしまう可能性があるそうです。

ですからメカニズムをきちんと知ることで、効果的に予防・対策を
実践していきましょう。
日々努力が大切です!

①脂質・糖質

脂質・糖質は、摂取後に体内でエネルギー源になります。
ですが、そのエネルギーをきちんと消費できない場合、体内に
残った分のエネルギーが中性脂肪としてどんどん蓄積されてしまいます。

②肥満遺伝子

病気を引き起こす原因の多くは、生活習慣が問題になり起こる
後天性と生まれたときからの遺伝的なものに分かれます。
内臓脂肪が増えてしまう原因も同じです。

例えば、同じ量を食べているのに太らない方や厳しい食事制限を
しているのになぜか太ってしまう方もいます。
そうなると、同じ事をしても必ずしも良い効果が実感できるとは
いえませんよね?

ですから自分の体質を知り、内臓脂肪が増える原因・そのメカニズム
きちんと理解しましょう。

日常生活で自分が太る原因やメカニズムを知って、運動で
エネルギー消費を促す事が内臓脂肪を減らすためには大切です。

③自立神経の異常

内臓脂肪が増える原因として考えられるのは、なにも食べ過ぎで
太るというものだけではありません。

食欲などをコントロールするのが役割の自律神経がメカニズムとして
関係しているそうです。

その交感神経であるレプチンは、食欲を抑え脂肪燃焼を促す役割を
持っています。ですから、その自律神経が機能低下してしまうと
食欲が抑制できなくなり、脂肪燃焼も悪くなるので内臓脂肪が
増える原因になってしまうのです。

④運動不足

内臓脂肪が増える原因として、運動不足も挙げられます。

食べ過ぎた場合でも、体内に余分なエネルギーが残らないように
適度な運動をすることで内臓脂肪が増える原因になるのを防げます。

メカニズムとして、食べた分をエネルギーに変えたら体を動かせば
内臓脂肪として蓄積される事はありません。

しかし、運動不足の場合は、そのメカニズムにのっとり体内に
あまったエネルギーが蓄積される事になります。

忙しい現代人にとって時間を作る事が難しいのはわかりますが、
少しでも体を動かして運動不足になるのを防ぎましょう。

⑤食事

自分の体調管理をすることも大切です。
食事などの時に「カロリー消費ができない=内臓脂肪が溜まる」と
いうメカニズムを意識し、低カロリーの食事を選びましょう。

内臓脂肪が増える原因として考えられる高カロリー・間食・外食・
夜食などを控えるようにしましょう。